歯が抜けた影響とは

9月 4, 2017 by Tagged with:   
Posted in: 健康

歯が抜けた影響とは、一体どんなことが起こるのでしょうか。
1本だけなら別いいやと思っていてはいけません。
歯が1本抜けても影響は少なからず出てきます。

歯が抜けると、抜けた箇所には歯がありませんので、顎の骨に負担がかからないようになるため、顎の骨が弱くなる可能性があります。
歯が抜けた箇所が下の歯の場合、かみ合わせの上の歯がかみ合わせの相手の歯がなくなりますので、上の歯なら下の方向で出っ張ってくる可能性もあります。
逆に上の歯を失った場合は、かみ合わせ相手の下の歯が上に出っ張ってくる可能性があります。
また、抜けた箇所の前後の歯が抜けた方へズレたり傾いたりしてきて、さらにその前後の歯との間に隙間が生じる可能性があります。

歯が1本抜けるこのようなことが起きる可能性が高まります。
歯の並びが悪くなったり隙間が出来ると、歯ブラシが届きにくくなりますので、虫歯が新たに生じて進行しる可能性があります。
歯周病が進行してくるかもしれません。
虫歯の進行により更に歯を失うリスクが高まります。

歯の1本抜けたといって、軽く見ているとさらに歯を失うことになりかねません。
歯科医院に行って適切な処置をしてもらうのが、よいのではないでしょうか。

歯の黄ばみを改善する歯磨き粉は市販でも売っている