外壁の塗装手順について

10月 5, 2017 by Posted in: 生活

外壁塗装を行う際の塗装手順としましては、3つの段階に分けて行われます。

最初の段階で行うのは下塗りです。シーラーを下塗りで外壁に塗布します。そうすることで、ペンキが外壁に塗布しやすくなります。
最初の下塗りすなわちシーラーの塗布が完了しましたら、次に中塗りを行います。中塗りからペンキを用いた塗装となります。ペンキによる塗装は、中塗りと上塗りの二段階に分けて行います。それは、大量のペンキを一度に塗布しますと、ペンキが垂れて外壁にペンキが付着しない状態になってしまうからです。二段階に分けてペンキを塗布することで、一度に塗るペンキの分量が減少し、ペンキが垂れずに外壁にしっかりと付着するのです。その第一段階が中塗りとなります。中塗りが完了しますと、最後に上塗りを行います。上塗りでは仕上げ塗りとなりますので、塗装ムラが出来ないように丁寧にペンキを塗布していきます。この三段階の工程で外壁塗装は行われます。
せっかくの外壁塗装、家の色をツートンカラーにしたいときには