相場が特に動きをみせる時間帯

1月 7, 2018 by Posted in: 生活

一日中それこそ24時間取引が可能でる強みをもつFX投資ですが、それでも24時間のうち相場が特に動きをみせる時間帯もあるのです。世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、日本の時間にすると21時頃からAM2時の

あたりに取引が活発になり相場が動きやすいとされています。相場が動く要因としては、特にアメリカの雇用統計や各国GDPなど経済指標の発表があると為替相場が大きな動きを見せることがありますので、気を付けておかなければなりません。少なくともいくつかの重要な経済指標が発表される日がいつなのか知っておくのがセオリーです。さてFXの運用で利益を出せた場合のことですがそれは当然課税の対象ですので、ちゃんと正しい金額の税金を払うよう気を付けるべきでしょう。巧みなFX運用で大きな利益を得てもそのことを申告しないでい立ために、税務署から税務調査されてしまって税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。金額の目安は20万円、それ以上の利益をあげたら、確定申告を忘れてはいけません。FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。これは、未決済のポジションの損失が膨らみすぎて、それが許容されている基準を超えてしまうと、自分の意思とは関係なしに強制的に決済が行なわれるという仕組みです。一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行なわれる前には注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで不本意な強制ロスカットを回避することもできるのです。この強制ロスカットの行なわれる基準となる証拠金維持率ですが、FX業者が違えば証拠金維持率も異なるので覚えておく必要があります。

ドリームウェイ