いつまでもあると思うなコンビニカップ麺

5月 7, 2018 by Posted in: 生活

コンビニに入るとチェックするのが新製品、期間限定と書いてあるお菓子をなんとなくカゴの中へ。お酒コーナーもコンビニ限定品や季節の限定品をチェックしてカゴの中へポイポイ。そしてカップ麺の棚でも新製品を確認、ネットで情報を見かけて食べてみたいと思っていたカップ麺を発見、ところが無計画に新製品を放り込んだカゴの中はすでに山盛り状態に。

迫られるのが取捨選択、どれかを棚に戻さなければ入りません。あれも食べたいこれも呑みたい、なかなか決められず狭い店内をグルグル回り悩んだあげく、カップ麺はかさばるのでほかの限定品が入らなくなってしまう、次に来たときに買おういう結論に落ち着くのです。
そして次にコンビニに立ち寄ったとき限定品カップ麺は影も形もなく、確認してみるとコラボ製品や限定品のほとんどが在庫がなくなると販売終了という現実。何故あのとき買わなかったのかと後悔しても後の祭りなのです。同じ失敗をして食べられなかったカップ麺が3品目くらいあるので、何故同じ間違いをくり返すのかと突っ込まずにはいられません。同じ製品が滅多に再販されないのもコンビ限定カップ麺、2度と食べることができないのです。ああ悔しい。
後から後悔しないためには、たとえかさばって邪魔になっても、食べてみたい限定カップ麺はカゴに突っ込んでおくべきでしょう。

 コロリーの全身脱毛にかかる時間とは?