ハワイのレンタルWiFiで数千円の差

7月 10, 2018 by Tagged with:  
Posted in: 趣味

ハワイでもネットはよく使うよ。その言葉を聞いてから急いでハワイ用のレンタルWiFiを探しました。実際に探してみるとこれが結構面倒。

単純に価格.comとかで人気のものにしてしまっても良かったのですが、1つ1つ調べていくと会社によってレンタル料金に大きな差が出ることが分かりました。酷いと同タイプのもので2倍以上の価格差があったり、明らかに下位機種なのに、他の会社の上位機種より高かったり。

しかも受取手数料がある会社とない会社、あんしん補償の内容に差がある会社、消費税がかかる会社とかからない会社・・・とんでもなく面倒なことが分かりました。でもちゃんと調べないと何千円というお金を無駄に払うことになります。1番厄介だったのが、同じレンタルWiFiの会社のホームページ内で価格が違うところ。キャンペーンによって料金が変わるのですが、そのキャンペーンに気づけないと高い料金になってしまうのです。

段々と腹が立ってきました。

他には、ハワイ用のレンタルWiFiを紹介しているサイトによって同じ会社でも料金が違ったりするんです。

例えば

Aサイトが「ハワイのらくらくレンタルWiFi(仮称)」という商品を紹介していたとします。そのサイトのリンクで料金をチェックしたら1日800円。

今度はBサイトを見たら同じく「ハワイのらくらくレンタルWiFi(仮称)」が紹介されていて、そのサイトのリンクで料金をチェックしたら1日1000円。

一部のレンタルWiFiの会社は、サイトによって提供する広告を変えているようでした。これってAサイトの存在に気づけなかったユーザーは損ですよね。もちろんそのような会社は利益優先主義だと思うので候補から却下。大事なハワイ旅行ですから気持ち良く行きたいのです。

で、結局誰にでも公平で料金が安く、しかも通信速度が速い商品を見つけました。それはアロハデータです。見つけたというか「ハワイで使うWiFiのレンタルはアロハデータが格安だった!」というブログに書かれていた内容を見ただけですけど。

圧倒的に安いし、使った人の口コミも悪くない。あちこちに広告を出さないためか、知名度こそ高くないものの料金は圧倒的に安いんです。

テレビや雑誌、つり革広告で宣伝すると、広告費がスゴイことになるので、その分の料金は私たちのレンタル料金に反映されてしまいます。それが1人数千円の差になってきます。

全く無名の会社のレンタルWiFiはそれはそれで不安ですが、やっぱり口コミの内容と料金を照らし合わせて決めたいですよね。