脂肪を減らすには脂肪の分解と消費が必要

10月 28, 2018 by Posted in: 健康美容

茶カテキンには体脂肪の分解を促す作用があるため、ダイエットなどで広く活用されています。脂肪をエネルギーにして消費してしまえば、体脂肪を減らすことが可能です。まずはたまった脂肪を分解しなければならないのです。

茶カテキンは、脂肪分解を促進する働きがある成分として、よく知られています。体の中に貯め込まれていた脂肪は、脂肪分解酵素によりバラバラにされ、酸素と結びついて燃焼します。体にたまった脂肪が気になる方は、この力が低下していることが考えられます。脂肪分解酵素の働きを向上させるには、茶カテキンが効果的です。茶カテキンの働きを確認するテストでも、茶カテキンの摂取と、脂肪代謝量の増加に関係があることがわかります。しかし、脂肪を分解しただけでは体脂肪率は減りません。分解された脂肪を代謝しないと、また体脂肪に戻ってしまいますので、エネルギーを消費する行動をしなければなりません。運動が好きではない人は、車や電車を使う機会を減らして歩行距離を増やすなどして、運動量を増やすといいでしょう。わずかな量でも継続することで結果が出てくるので、いきなり無理な運動ではなく、ウォーキングのような軽い運動から始めてみましょう。
http://www.get-hot-porn-here.com/