脱毛器でVIO脱毛

2月 3, 2016 by Tagged with:
Posted in: 美容

1.VIO脱毛が可能な脱毛器も
家庭で使える脱毛器には、アンダーヘアの処理が可能な製品があります。
脱毛サロンでも施術可能な部位ですが、お店でVゾーンの脱毛するのは気が進まないという人は、デリケートゾーン対応の脱毛器を使って自分で処理してみるのも良いですね。
痛みを感じやすく、たいへんデリケートな部位ですから、出力の強弱をコントロールできる脱毛器を購入すれば、自分のペースに沿った無理のない脱毛ができるでしょう。

お風呂対応の脱毛器もあります。
バスタブに浸かると毛穴が開きますよね。
その時に脱毛器を使えば痛みも楽になるでしょうし、処理した毛がどこに飛び散ってもサッとシャワーで流すだけです。
脱毛器によりますが早く電池がなくなる事もあるので、繰り返し充電できる電池を使った方がいいでしょう。

2.カミソリでの脱毛
カミソリなら簡単にムダ毛を処理できますが、どうしても肌の負担になってしまいます。
ジェルなどで肌を守りつつ剃る、使用するカミソリの清潔さ保つなど、肌のためにできることをした方がいいでしょう。
剃り終わったらボディソープなどの使用は避けて、お風呂に浸かるのは我慢して、乾燥指せないように、保湿した方がいいでしょう。
脱毛をしても、すぐにまた生えてくるムダ毛ですが、しょっちゅう剃るようだと色素沈着を誘発します。
フラッシュ脱毛とは光脱毛とも呼ばれていて、脱毛サロンやエステの脱毛コースにおいてはひんぱんに使用されている手段です。
光を肌に照射し、肌の奥のムダ毛を造り出す発毛組織に働聴かけダメージを与え光脱毛器は家庭用のものもありますから、自分自身で光脱毛することが可能になるのです。
レーザー脱毛とくらべると痛みが少ないですし、産毛のような薄い色の毛にも反応するのが特徴と言えます。