身体を温めてダイエット効果アップ

5月 11, 2016 by Posted in: その他

ダイエットをするなら効果的に痩せたいものです。実は体の冷えがダイエットの効果を下げていることをご存知でしょうか。ダイエット効率をアップさせるためには、基礎代謝が上がるよう、体温を上げることです。ダイエット効果だけではなく、体を温めることで便秘解消、免疫力アップ、肩こりや腰痛の解消などさまざまな効果があります。体脂肪の燃焼を促進しダイエットに役立てるには、肩甲骨にある褐色脂肪細胞の働きを活発にするために、肩甲骨とその周囲を温めるという方法があります。褐色脂肪細胞は年齢と共に減少するものなので、意識して刺激をしてあげることが大切です。褐色脂肪細胞の働きを維持するためには、肩甲骨周りの筋肉をよく動かすことです。肩甲骨を温めてダイエット効果を得るためには、簡単なストレッチを毎日続けるのがおすすめです。難しいテクニックは必要ではありません。軽く肘を曲げて、肩の前後運動をする程度で十分です。もう一つはふくらはぎです。ふくらはぎが冷えている人は案外多いようですが、自覚していないのではないでしょうか。ふくらはぎが冷えるのは、血液の巡りが停滞しやすく、体の熱が行き渡りにくいためです。太りやすさの理由の一つに、ふくらはぎの冷えから血流が停滞することがあります。家事をしながらつま先立ちをするなどの簡単なエクササイズでふくらはぎを温めることでダイエットの効果をアップさせることができるでしょう。ダイエット効果をアップさせるためには、体の中で冷えやすい部分をエクササイズなどで温めることが効果が期待できます。スルスル酵素口コミ